スポンサードリンク

2012年01月22日

スペイン紙が指宿デビューを報道

スペイン紙が指宿デビューを報道

「忘れられない瞬間になった」

 セビージャに所属する日本人FW指宿洋史が

21日に行われたリーガ・エスパニョーラ第1節の

ベティス戦でデビューを果たした。

“アンダルシア・ダービー”という伝統の舞台でのデビューに

ついて、スペイン紙も報じている。

『アス』は、「セビージャ初の日本人選手、

指宿洋史がデビュー」と見出しを打ち報道した。

「2メートル近い指宿は、

トップチームで夢のデビューを果たした。

11月からファーストチームでトレーニングを

積んできた彼にとって、忘れられない瞬間となっただろう。

しかもその舞台が永遠のライバルであるベティスとの

ダービーだったのだから」と、

特別な舞台でデビューした指宿についての

記事を掲載しました。

 また、『マルカ』も同様の見出しで、

「デビュー戦としてはこれ以上ない試合。

マルセリーノ・ガルシア・トラル監督は、

ベティスとのダービーでセビージャ史上初の日本人選手を

デビューさせる決断を下した」と報じている。

なかなかすごい「デビュー」ですね!









posted by まあさん at 21:40| Comment(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月21日

CSKAモスクワの日本代表MF本田圭佑がセリエAの強豪ラツィオに移籍!!?

背番「10」要求、減俸OK…本田 ラツィオと条件面合意した?

 CSKAモスクワの日本代表MF本田圭佑(25)の移籍先の本命にセリエAの強豪ラツィオが浮上したようです。

20日付のコリエレ・デロ・スポルト紙は、セリエAのラツィオが獲得を目指している本田サイドと条件面で合意に達したと報じた。

移籍金をめぐるクラブ間交渉がまとまれば、今冬の移籍が実現するそうです。


 コリエレ紙によれば、クラブ間での交渉は合意に至っていないようで、

ラツィオ側はまずはレンタル料200万ユーロ(約2億円)の半年間の期限付き移籍で
獲得を目指し、

 そして、今夏に移籍金1000万ユーロ(約10億円)で完全移籍オファーを出す方針。

しかし、CSKAモスクワ側の要求する移籍金は1600万ユーロ(約16億円)で金銭面の隔たりは大きい。

ラツィオは外国人枠が埋まっているため、本田獲得にはGKカリーソ、FWマキンワ、DFガリードのいずれかを放出する必要もある。

 先日のダルビッシュに続いて、サッカー界でも景気の良い話ですね!

 本田選手の、今後の活躍に期待したいものです!!!

【送料無料選択可】実現の条件 本田圭佑のルーツとは/本郷陽一/著(単行本・ムック)

【送料無料選択可】実現の条件 本田圭佑のルーツとは/本郷陽一/著(単行本・ムック)
posted by まあさん at 09:40| Comment(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。